額縁効果-安国寺のドウダンツツジ-

11月20日。今年も去年に続いて安国寺のドウダンツツジを見に行きました。 兵庫県豊岡市但東町相田 先日、新聞でドウダンツツジの紅葉の記事が載ったせいか、すごい混雑していました。小雨がぱらついてて濡れたくないし、ここでの写真は決まりきったものなので今回はあっさりと流していきます。 今はまさに紅葉のピーク!です。額縁効果でいつ見てもハッとしますね・・・。実はライトアップも本来は今日までですが状態がいいそうなので23日まで延長するそうです。是非行ってみてください。マスコットのネコ、きんちゃんが今年にお亡くなりになられたそうで・・・少し寂しくなりました。

続きを読む

巨樹と触れ合う-常龍寺・大銀杏-

11月6日。紅葉のシーズンであるが、近くに銀杏の巨木はないかな??と思い、調べてみると丹波市の常瀧寺というお寺の裏山に大銀杏があるという情報を得ました。 兵庫県丹波市青垣町大名草48  愛宕山 常瀧寺 紅葉どころでは近辺の高源寺が有名です。以前、一度見に行きましたが時期が少し遅かったのでカエデは少しくすんでいました。・・・タイミング無難しい・・・。 また、銀杏も紅葉のベストな時期ってわかりにくいんですよね・・・木によって季節がかなりバラバラな気がします。 今回は思い立って、即行動~なパターンなんでwwいいですけど~。 とりあえず、看板どおりにやってきました! ・・・!?まだ750mあるだと!(実はこの前に登山道1,000mの案内があってここまで来てます・・・)しかもその鍵は何だ??(笑) その裏には和尚のブログの宣伝がっww ・・・とまあ、ここから延々登りオンリーの登山道を汗だくになりながら登りました。足場が悪いですね・・・急坂でつらいです・・・。 最後の登りで、素晴らしい苔道が!?苔好きとしては興奮ww ・・・やっと・・・到着・・・。 推定樹齢1300年、幹周り11m、樹高30m 。中心は落雷のためか空洞化しています。木の枝から瘤が出て垂れ 下がり、それが地中にもぐり込んで新しい幹を形成しています。 紅葉は・・・まだまだですね。しっかし・・・でかい!! …

続きを読む

わらべ地蔵-三千院-

8月13日。 京都市内からR367で大原方面に向かう。この辺りまで来ると市内とは一変、深い山々に囲まれたところだ。目的地は天台宗の寺院である三千院。 京都府京都市左京区大原来迎院町540 三千院 拝観料700円(ちなみに駐車料金を500円も取られます) さすがは超有名観光地・・・人出は多いですね、落ち着きません(笑)さっさと人込みを掻き分けて行きましょう・・・。しっかし、拝観料+駐車場で1200円は高すぎると思うんだが??これだから京都は・・・。 どうやら履物を脱いで上に上がるみたいです。 聚碧園にて、ここで皆さん休憩~庭を眺めてのんびりと~。 夫婦でどんなことを話しているのでしょうね?・・・人の背中を見て色々考えてしまいます。 苔の綺麗な境内・・・。 そしてこれが常々気になっていたわらべ地蔵・・・ああ、こんなところにあったのか。 おしどりわらべ?? うむむ・・・視線をいつも感じるのだが、気のせいか・・・。 な~む~ww 日焼けしてしまいそうだ(笑)首を傾けた仕草がもののけ姫のコダマに似てるな。 身体が?どうなってんだ?うつ伏せになってジタバタしてるみたいかな?憎めない表情をしてますね。 その後も三千院内をブラブラ散策~。 今日の京都は最高気温36.7℃・・・もう汗ぐっしょりでフラフラです・・・。でも…

続きを読む

迷いか、悟りか。-雲龍院-

8月13日。次は雲龍院というところに行くことにする。 京都府京都市東山区泉涌寺山内町36 真言宗泉涌寺派 雲龍院 拝観料300円抹茶500円 写経が可能 開門時間 - 9:00 - 16:30、夏季は9:00 - 17:00 駐車場は数台有り、手前の泉涌寺の広い駐車場でもいいようだ。 9時過ぎ頃に雲龍院に到着。。山の中なので基本的に静かだがさすがにこの時間は閑散としている。先に入っていった女性二人は写経をするみたいだ。既に他に何名か入っているようだ。 院内を自由に散策できるので開始!早速メインの撮影スポットの部屋へ行きましょう~。 先ずは丸い「悟りの窓」。北区鷹峯の源光庵にも悟り、迷いの窓があるそうです(そちらの方が有名?)。禅と円通を表しているのだとか・・・??どういうこっちゃ??(笑)まあ私には悟りなど遠い存在であるが・・・。禅では円は宇宙を意味してるんだって。 次に四角い「迷いの窓」。生老病死、四苦八苦を意味している。四角というのは物事にとらわれた心を意味するらしいです。禅の教えとは深いですな・・・。 私には、わあ!綺麗!位しか言えないのであしからず・・・。 随所に何やら一筆が・・・。 まさしく書院、って感じですねww 悟りの窓の下部。縦湖図で撮ろうとしたが、外はピーカンで露出が合わないっ・・・。結構苦戦しました。 あ…

続きを読む

苔山門-法然院-

8月13日。たまには京都の寺社をを巡ってみるのも悪くないかな、と思い、写真に撮りやすそうなところを何箇所かピックアップしてみることにした。京都の寺社はほとんど行った事がないですね。混雑するのが嫌いなんで避けてるというのが一因としてありますね。では、まずは左京区にある法然院へ。 法然院は浄土宗系の寺院です。境内の拝観は無料であり、6:00から16:00の拝観時間には、自由に境内を参観できます。もちろん、かぷち~のは朝一に行きますよね!?(笑) 京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地 法然院 ※駐車場は近くにコインパーキングがあります。 まだ薄暗い参道から緑色の山門が見えてきた。 苔が年月を感じさせますね・・・。門の向こうの緑も眩しいや。 草も一緒に生えちゃってるな。 早朝には観光客もなく、近所の方が散歩してるだけ・・・。朝の交わす挨拶がちょっと温かい、良い感じです。もちろん場所的にも普段の日では観光客でごった返すってこともないでしょうけどね。 門の前には白砂壇(びゃくさだん)があります。水を表し、通り過ぎる事で身を清めるんだとか。 凄い苔だなwwこのまま自然に返るんちゃうか?ww 境内全体バランスも最高に良いですね! 誰かがこんなところに花を・・・。得意の「演出」ですか!? 住職さんか誰かが朝に置いたのかな?? …

続きを読む

神社の裏手に-大馬清滝-

6月26日。実は先程桑の木滝にて話をしていたカメラマンの方に、近場にいい滝があるというのを教えていただいていました。現地での情報収集・・・これは案外いいネタが出てきたりしますからね。しかも滝好き同士話が弾む弾むww 三重県熊野市井戸町4333 大馬神社 心もとない細い林道を車で走ったら大き目の神社の鳥居がありました。そこから徒歩で大馬神社の鳥居をくぐり、階段、石畳の道を歩いて行きます。拝殿まで行き着くと境内右手の小道がありますので、そこへ行けば清滝の真下に行けます。 大馬清滝、かなりの圧迫感があります。滝の真下は大岩で埋め尽くされていて、足を滑らすと非常に危険ですのであまり無理はしないように。 雨季とあってか、水量も豊富です。かなり見ごたえがありますね。 ワンポイントの花ww このように、周りは岩だらけ。ちなみに後ろは谷底です・・・。 杉の巨木が林立していました。だからこんなところにポツンと神社があるんですね。 苔の道・・・熊野古道を連想させます・・・。 水量豊富でお天気は曇りがち・・・いいタイミングでこの滝を訪れることができました。かなり滝下なので非常に圧迫感があり迫力があった滝でした。地元情報は頼りになります!

続きを読む

結界-内尾神社-

5月1日。GWの前半の日曜日です。お天気はいまいちですね・・・。でも撮影的には以外に好条件だったりして~。小雨が新緑に映えて綺麗になってきましたし、滝撮りもプランはあるので早く行きたいですね。でも、今日は時間があまりないでのサクッっと神社を撮りに・・・。あまり神社単体で撮りに行く事はないのですが、妙に気になってましたので。 兵庫県丹波市氷上町三原・内尾神社 周りにはゴルフ場があるだけ・・・静か過ぎます(笑)この先の県道は行き止まりなので車の往来もゼロですね。わざわざここまで来るのはよっぽどのマニアか・・・(笑) 参道への入り口の鳥居。参道は杉林に囲まれてまっすぐに・・・とても胸が高まりますね。 鳥のさえずりしかしない参道を進むと、小さな石橋がありました。 なんだろう・・・この雰囲気・・・うまく言い表せないんだけど何か感じる・・風景。 手水舎。 上に上がると、2本の巨大なご神木と獅子・狛犬がありました。 根のはり方といい、苔の生え具合といい、存在するだけで圧倒されました。 吽形の狛犬と拝殿。 更に一段上がると拝殿、本殿、摂末社などがあります。 祭神は咩咩草葺不合尊とのことです。えーっとどこででてきたかな??もう一度古事記読み返さなきゃな・・・。内尾神社の起源は大宝二年(702)だそうです。そりゃこんな立派な杉があるわな・・・。 …

続きを読む

村の守り桜-才谷の稲荷桜-

4月17日。奈良の桜、と言えば吉野山が有名だが、へそ曲がりな私かぷち~のはわざわざ混雑したところには行かない(笑)吉野川沿いのR169は朝から既に吉野山へ行く車で溢れ始めていました。スルーして、吉野山の西側にある下市町才谷と言うところにある桜を見てきました。 奈良県下市町才谷・才谷の稲荷桜 また、道が載ってませんね・・・。県道から才谷の集落へ上がる道(急坂です)があるので登って行ってください。登りきったところにある廃校を利用した公民館があるのでそこに車を停めておきましょう。道は非常に狭いのでお気をつけて! 山の上に大きな桜がありました。カメラマンの方がひとり撮影中~、私も一緒に撮りますよ。 ヤマザクラ、樹齢は350年だそうです。立派ですね。 桜の花びらはそんなに多くはないけど、末広がりの大きな枝がとても印象的です。かつこの稲荷社の鳥居とのコラボがいいですね。 やっぱり、こうやって側まで近づいてゆっくり撮影できるのが一番です。木と正対していると何か感じるものがありますね。 お稲荷さん! 才谷の集落を守るヤマザクラの巨木・・・。いいロケーションです! 先程、車を停めた廃校の旧才谷小学校前も桜が綺麗です。 意外なところに廃校がありましたね・・・木造校舎好きにはラッキーです。かなり改修されちゃってますけどね。 相棒のラパン・・・通…

続きを読む

山寺の秋-常照皇寺-

11月21日。先ほどの岩戸落葉神社を後にして、更に北上していく。目指すは臨済宗天龍寺派の寺、常照皇寺。 常照皇寺 京都府京都市右京区(旧京北町)京北井戸町 常照皇寺は1362年に開かれたそうです。重要文化財指定の阿弥陀如来、国の天然記念物である「九重桜」などがあります。今度は是非、桜の機会に訪れたいところですね。さすが南北朝時代からある(建物は補修なりしているだろうが・・・)常照皇寺は重い感じがしますね。 勅額門正面より。参道は色鮮やかの状態は過ぎているように思えるが。 参道を振り返ってみる。なんだかいい感じですね・・・。 拝観料は特に必要ありません。志納で300~500円って書いてありました。 方丈、開山堂近辺は見事に色づいていました。苔庭や桜の木も植えられていていますね。 祈り・・・。 靴を脱いで中を自由に拝観出来ます。畳の上で正座して・・・。 渡り廊下から開山堂へ歩く。裏山の紅葉も綺麗でしたね。 開山堂の立ち込める線香の煙。中の様子はご自身でご覧下さい。 私が想像していたよりも何か「重み」のあるお寺でした。 九重桜、春に見に行きたいですね!! ・・・え~っと、ついでに・・・ そのまま国道477号線を使い、滋賀まで行きました。目指すは日吉大社の紅葉ライトアップです。 すでに日中の撮影でお腹がいっぱいでしたので、さっくり流して、ブラブ…

続きを読む

銀杏の絨毯 -岩戸落葉神社-

11月21日。京都へ紅葉撮影に出かけてきた。しかし、紅葉真っ盛りのこの時期(しかも日曜)、市内各所は観光客でごった返している。既に余裕で名神自動車道の京都南IC付近はめちゃ込み・・・。そこで、なんとか市内を抜け出して、京北方面へ向かってみた。 岩戸落葉神社 京都市北区小野下ノ町170 小さな集落にある小さな神社・・・。 でもその巨大な銀杏の威容は国道からもすぐにわかりました。 今日はいいお天気でとても気持ちがいい! さて・・・では撮影開始!! 見事な銀杏・・・朱色の鳥居との色バランスがとても合いますね。また落葉してるところがなんとも・・・。 真ん中にあるお堂。降り積もる銀杏の雪に埋もれて・・・。 静かな秋ですね・・・。これからもっと落葉しそうですね、数日後にはかなり積もるんだろうな~。 赤いカエデをちょっと拝借(笑) ここはとてもい撮影スポットですね!さすがにカメラマンの皆さんはこの場所を知っておいいでで、かなりの人数がいらしてました。まあ、撮影に困るほどじゃないですけどね~。 銀杏をたっぷり堪能させていただきました!!

続きを読む

古道

6月11日。熊野本宮を参拝した後は、中辺路沿いに車を走らせ熊野古道を散策しに行きます。 中辺路の熊野古道には○○王子っていう休憩所が各所に設けられています。本当は時間を割いて歩くのがいいんでしょうが・・・時間的に難しいですねぇ。まあ、いつかは歩きたいですね。 というわけで、行けるとこだけ3ヶ所まわってきました。継桜王子・牛馬王子・高原熊野神社です。 ○継桜王子(野中の一方杉) 古道沿いに樹齢800年の巨大な杉の木が参道を囲む。 一方杉と呼ばれるように、南側(那智大社)の方角だけに杉の枝が伸びています。幹回り8mもあるのででかい・・・。圧倒されます。 巨木の側に静かに佇む社。狛犬の表情をみるのが結構好きですね、いろんな表情をしていておもしろい。 さて、継桜王子の下には、とがのき茶屋がありますよ! 実は以前ここには来たことがあり、古代だんごっていう餅を食べました。建物も藁ぶき屋根で風情があり、熊野の山々を眺めなら休憩もいい感じです。ここのおばあちゃんとのお話も楽しかったですね。 また、下には名水百選の野中の清水もありますよ。 ○牛馬王子 次は数キロ先にある牛馬王子に向かいます。道の駅「熊野古道中辺路」に車を放置して、歩いて行けるので楽です。約800mって書いてあったけど結構遠かったような・・・。 杉の中をひたすら進みます。 ・・・するとようやく・・・! …

続きを読む

カラス

6月11日。谷瀬の吊り橋の次に訪れたのは、熊野本宮大社です。 三本足のカラス・・・どこかで見たことないですか?? サッカーの財団法人日本サッカー協会(JFA)のロゴに使われてますよね。 八咫烏(ヤタガラス)っていうカラスです。 参道には熊野大権現の字が風に揺れています。 いつも思うんだけど、この門が世界を大きく隔てている気がします。 拝殿。境内は撮影禁止になっているようですが・・・みんな写真撮っているのね。特に注意もされませんでしたが。 人が祈る姿って、すごいオーラを感じるんですが。 ヤタガラスのおみくじ、カワイかったのでつい買ってしまった(笑) こののぼりもいいな。 旧社殿の大斎原(おおゆのはら)へ行ってみる。 ここは明治時代に水害で流出した社殿の跡地だ。鳥居は高さ33.9m、横42m。 で、でかい・・・ さすがに暑くて、手水舎までにしました。このあとはアイスを食べながら休憩しました。

続きを読む

網敷天満宮-ライトアップver-

2月22日。さて、先日訪れた網敷天満宮ですが、20~25日、6~9時の間に梅の夜間ライトアップがある、という情報を得たので早速見に行ってみました。 今夜は平日、少し生暖かい夜です。人もたまににいる程度ですね。 鳥居から撮影。 おおっ!めっちゃ綺麗じゃないか!ほのかに光が漏れ出しているみたいです。 鳥居と梅のコラボ。 三重塔もライトアップされており、梅とよく合いますね。 マクロでも。昼間に見るのと違って、幻想的です。 梅の木は割りと多く、現場は結構明るいです。 夜9時前には誰もいない・・・こういうイベントを独り占めってなかなかないです。

続きを読む

網敷天満宮

1月30日。そろそろ梅の季節かと思っていたので、ネットで調べてみると自宅近くの神戸市須磨区にある網敷天満宮の梅が咲いているということがわかった。早咲きの品種だけだそうだが。 とにかく行ってみる! おおっ!綺麗に咲いてるやん! 咲いている木は2、3本というところでしょうか?ちょっと寂しい感じではありますが、土曜日ということもあって、人もちらほら・・・。中は、初宮参りのご家族もいらっしゃいました。いつも通り(?)でかいカメラぶら下げてるので「写真撮って下さい」コールを受けましたが。 牛さんがいっぱい・・・ 網のかごみたいなのにおみくじが付いてます。最初見たときは何だ?と 願いよ届け まだまだ梅の開花はこれからが本番!

続きを読む


人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村