夜から朝へ-大台ケ原-

8月12日。夏の星空を見たくて、夜中の奈良県・大台ケ原へ出かけた。 何だかんだで大台ケ原へ行くのもも3回目ですね。私の中でかなりお気に入りのスポットになってます。 ペルセウス座流星群も12日~13日にかけて極大になりますし、楽しみにして行きました。 その日の仕事を終えて、友人と合流、自宅の神戸から大台ケ原まで3時間以上かかります・・・って翌日も 仕事なんですが(笑)・・・まあ、結局おしゃべりしてて寝なかった。元気すぎ。 出発時点で天気は良くなかったんですが、道の駅「杉の湯」で一旦外へ出てみると・・・おっ、めっちゃ晴れてる! 湿気を含んだ空気もどこへやら、ひんやり涼しい~。少し夜空を眺めているとさっそく流れ星がっ!! 幸先よいスタートですね。 大台ケ原駐車場に到着。予想通り、車の量もそこそこだし、相変わらず車の往来激しい・・・。 早速外に出てみると、最高の星空が迎えてくれました。 大台ケ原は3回目ですが、こんなにいい天気で見れたのは初めてです。天頂にはうっすらと天の川が横断していて、 標高の高さもあって星空が降ってきそうです。 ・・・ぼけっーと星空を眺めていると、あ、流れた・・・また、流れた・・・ってな感じで。ドンドン見れますね。 常連の方たちは外で寝袋に包まって鑑賞してました。う~んそれはいい方法だな、もってこりゃよかったな。 私は星空なんててんでわからないので、友人に教えてもらいながら、関心するばかりです。 写真的…

続きを読む

南で待つ

7月24日。さて、久しぶりの「日の出」撮りへと繰り出しました。 以前から撮りたかった本州最南端の和歌県、串本町の橋杭岩です。 さすがに神戸からは遠いので、夜中に出発して現地でスタンバイすることにします。気軽に行ける距離じゃないですよね。 天気は晴れ、夜中の2時半以降に月が没すると、夜空には綺麗な星が輝きだしました。 目視での星の数は圧倒的に神戸(都心部ではないので割と見える)より上です。やはり、都会の光害がほとんどなく、全方位の空が暗いです。私の自宅は南天が全く駄目です。橋杭岩周辺は街灯・交通量がが多いですが、離れたところなら星空観察は楽しそうです。潮岬の方面に出てみればよかった、と後悔。 ぼけーと空を見ていたら、ほぼ眠れずに朝が来ました(笑) 日の出前、空がオレンジ色になりました。 橋杭岩のシルエットがいい感じ~ どこから沸いてきた(笑)カメラマンたち。こんだけ来るのも十分わかります。 なんとか日の出したものの、地平線には雲がっ・・・中途半端な日の出になりました。 鳥さんがたくさん! 恐竜みたいな?岩 でも、最後は綺麗に輝いてくれました! 朝から、ささやかなショータイムは終わり、三々五々解散。皆さん、いろんな所からいらっしゃっているようでした。 朝も早くから数十名のカメラマンが集まってましたけど、こんだけ来るのもうなづける。 ああ~…

続きを読む

House of the sun

実は初めての海外旅行なんです。3泊5日の大忙しハワイツアーでした。 大体、飛行機に乗るのも2回目(国内線一度)ですよ・・・。 というーか、初日で、D300Sが故障してしまいましたが・・・三脚ごと砂地に倒した! アイピース周辺が砂まみれボロボロ、AFがおかしくなって(なんとか撮れたようだが)、 ミラーはどこからかのゴミだらけ・・・はい、撮る気はほぼ失せました(笑) 初日に行った、ハレアカラ山、ここが私の中で印象に残った、こういう風景はなかなか日本では お目にかかれませんな!ハレアカラ=太陽の家(House of the sun)っていうらしいです。 標高は約3,000m、余裕で雲の上です。そして、寒い!ダウンジャケットは必須になりますね。 このモクモク感が不思議~です。 ぼちぼち日が傾き始めて・・・ さすが、現地ツアーのガイドさん、撮るポイントを押さえてます。私も真似して撮ってみました。 暗くなった後は、満点の星空ですよ! 右下は天の川ですね。 雲の上で下界の光害から完全に遮断されているので、空は果てしなく暗く、肉眼でも数えきれないくらいの 星が輝いています。人工衛星が飛んでるのも見えるくらいだからすごいもんだ。 三脚での固定撮影ではこの程度が限界でしょうか・・・ポータブル赤道儀があれば綺麗な写真が撮れるんですがねえ。 こうなったら買うか?星の世界にも足を踏み込…

続きを読む


人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村