東の果てへ-大明寺聖パウロ教会堂-

長い航海の終着点 私は遠く東の最果ての島へ 異国の見ず知らずの人々 広めるのだ 偉大なる教えを 信じる力を注ぎ込み 私はひたすら祈り続ける 3月2日(土)博物館明治村 大明寺聖パウロ教会堂にて 長崎港の入口にある伊王(いおう)島に建てられた教会堂です。明治6年(1873)キリスト教禁教令が解かれ、数年後に、長崎各地、各島々に木造の小さな教会堂が建てられるようになりました。有名な日本最古のキリスト教建築の大浦天主堂ができてから15年後に日本人により、木造の大明寺聖パウロ教会堂が作られました。 外観は一般の家屋のような姿ですが、内部はコウモリ天井になっていたり、西洋建築の技術が使われています。 愛知県犬山市内山1 博物館明治村

続きを読む

GLORY DAYS・・・-旧西郷従道邸-

私は上り詰めた 世を変える為に 幕末の動乱の中 銃創を負いながらも 苦しみ戦い抜いた 私が求めるもの 私が違うと思うこの世の変革 それだけがたった一つの私の思い 3月2日(土)博物館明治村 旧西郷従道邸にて 西郷隆盛の弟、西郷従道(さいごう じゅうどう / つぐみち)が、東京上目黒の自邸内に、接客のために建設した2階建の洋館です。調度品も多数置かれており当時の様子をイメージできます。 愛知県犬山市内山1 博物館明治村

続きを読む

聖ヨハネ教会堂-旧日本聖公会京都聖約翰教会堂-

長く縛られていた鎖 今、その鎖は解かれた 闇が光に変わり 我らの世界を縛るものは何もない 信じる自由 安らかな日々 これ以上ない 光輝く時が続いていく 手と手をとりあって さあ主に祈りをささげよう アーメン 3月2日(土)博物館明治村 聖ヨハネ教会堂にて 明治期になり、キリスト教禁止令は解かれました。そこで各地に教会が出来ていきます。そのひとつ、京都にあった旧日本聖公会京都聖約翰教会堂です。外装が中世ヨーロッパの城を思わせる煉瓦造りの教会です。塔の部分の内部が真っ白で上へ上へ礼拝堂へと誘われている様な感覚ですね。上階は木造ですが、木の質感とステンドグラスがとても良いです。 愛知県犬山市内山1 博物館明治村

続きを読む

光、与えよ-聖ザビエル天主堂-

人はいつも悩む どっちへ進めばいいのか? もしかしたらこの道は間違っているのか? 気づけば自分の殻に閉じこもってしまっている自分 常に遠くまで見通せ しっかりと顔を上げて前を見据えろ 自分に言い聞かせながら今日も歩く たとえ世界が暗がりでも一筋の光は必ずある そう信じて進み続ける 君と一緒なら迷いはしない 行こう、ずっと行こう さあ・・・私と共に・・・ 我に、光、与えよ・・・。 4月7日(土)博物館明治村 聖ザビエル天主堂にて 明治村の中でも一番の人気施設かな?ステンドグラスがとても美しい教会です。私はカトリックではないので教会の中を散策する機会ってほとんどないので、楽しみにしていました。結婚式も出来るようでして、当日、式があり一組の夫婦が誕生していました。 愛知県犬山市内山1 博物館明治村

続きを読む

超然時習-第四高等学校物理化学教室-

「学び」は次代に受け継がれる 人は変われど僕らの想いは変わらず 熱弁を振るう教授、真摯な瞳の生徒 明るい未来を背負って さあ大人たちの世界へ飛び出すんだ 4月7日(土)博物館明治村 第四高等学校物理化学教室にて 石川県金沢市にあった官立旧制高等学校の物理学教室です。この建物と無声堂が明治村に移築されています。講堂のひとつが公開されていました。教壇の上にある3人の人の置物ですが、明治・大正・昭和3代の四高生を表した記念像だそうです(大きな記念像は石川四高記念文化交流館あるみたい)。数々の政治経済などで有名な人を輩出してます。 愛知県犬山市内山1 博物館明治村

続きを読む

リーダー-旧三重県庁舎-

人の上に立つということ 人を引っ張っていくということ 慣習に囚われず 長いものに巻かれるな 私が世界を変える、変えてみせる 教え、導く 私は次代のリーダー 4月7日(土)博物館明治村 旧三重県庁舎にて これが県庁か?というぐらいの洋風で豪華な県庁です。一室はパーティでも開かれていたような豪華な部屋もありました。鳥取県の仁風格を思い出しましたね。当時の三重県ではこのモダンな建物はとても目立ったでしょうね~。 愛知県犬山市内山1 博物館明治村

続きを読む

示すべき道-鉄道局新橋工場・御料車-

僕等は走る 向かうべき到達点は それは我が君が先導してくれる 列強の国に負けるな。追いつけ、追い越せ 底力を見せつけてやるのだ 我が君と共に進めるのならば あらゆる苦難は乗り越えられよう そのために身も心も投げ出し 世界に飛び出して行くのだ 富と栄光を求めて さあ我が君と共にいざ行かん なんというか・・・存在感がとても凄いです。金色の桐紋や豪華な模様が重厚感を漂わせますね。ただの客車ではなく一級の工芸品という感じでした。これぞ近代化が爆発的に進んだ明治時代のものだな、と思います。現代ではこのようなものは作らないしね・・・。普段、御料車内部は公開されていないようです。是非、内部も見てみたいですね。 4月7日(土)博物館明治村 鉄道局新橋工場・昭憲皇太后御料車(5号御料車)・明治天皇御料車(6号御料車)にて 愛知県犬山市内山1 博物館明治村

続きを読む

鍛えよ、身も心も-第四高等学校武術道場「無声堂」-

鍛えよ、身も心も 心を鎮め さあ、この一太刀で我を打ってみせよ 心に惑わされるな ただひたすら修練を繰り返し繰り返し 総てを捨て去った時 諸君らは達人へと昇華するだろう 4月7日(土)博物館明治村 第四高等学校武術道場「無声堂」にて なんか身も心も引き締まりますね!無声堂は柔道、剣道、弓道三つの道場を兼ね備えた大きな洋風建築物で、床下にスプリングを入れていたり、弓道場は支える柱をなくしていたり、様々な工夫がなされています。名前の「無声堂」とは名ばかりに、演出でスピーカーから剣道の打ち合いのギャーギャー喚き声が聞こえ、ほんまにうるさいんですがね(笑)何だか集中できません・・・。 愛知県犬山市内山1 博物館明治村

続きを読む

オートメーション-鉄道寮新橋工場・機械館-

時代は変り 現れた鉄の職人たちは 言葉少なくも 蒸気の呼吸を弾ませ動き続ける 世界を俺たちが変えてやろうと 延々と回り続けた鉄のパーツは 今はただ沈黙し続ける・・・ ここには重要文化財のリング精紡機や菊花御紋章付平削盤など近代化を後押しした工作機などが所狭しと並んでいます。・・・何でかな?この鉄の匂いや質感に妙に食いついてしまいました(笑) 4月7日(土)博物館明治村 鉄道寮新橋工場・機械館にて 愛知県犬山市内山1 博物館明治村

続きを読む

マイ フォト スタジオ!-高田小熊写真館-

念願のかぷち~の写真館がオープンヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪ さあ~ってどんなモデルを撮ろうかしら!? ギャラリーも作って個展開いたりとか? ・・・って、気分だけはいっちょまえですねww 4月7日(土)博物館明治村 高田小熊写真館にて 赤いペイントがポップでかわいらしい写真館。窓も大きく作られていて、採光に工夫をしているのでしょうね。こんな写真館持てたらいいのになあ・・・。 愛知県犬山市内山1 博物館明治村

続きを読む

戦いの日々-歩兵第六聯隊兵舎-

「起床!!」 今日も厳しい訓練が始まる 僕らは戦わねばならない、それが今の時代 その銃を持て、敵を薙ぎ倒せ あいつはもう戦場へ行ってしまったんだよな だが恐れている暇はない。前へ進め、進め、進め。 名古屋にあった明治7年創立の歩兵第6連隊 の兵舎です。当時の兵舎を忍ばすつくりになっていました。当時の兵隊さんはどんな気持で戦場へ向かったのでしようね・・・。三八式小銃も置いてあったりしてミリタリー好きにとってはいい獲物(笑) 4月7日(土)博物館明治村 歩兵第六聯隊兵舎にて 愛知県犬山市内山1 博物館明治村

続きを読む


人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村