廃校廃墟 Scene1-東の川小学校-

4月28日(日)久しぶりに奈良の山奥、上北山村までやってきた。今回の狙いは「廃墟」。

奈良県吉野郡上北山村白川  東の川小学校



ウィキにも色々書いてあるし、坂本ダム沿いにあるので迷うことはないと思います。小学校の奥にも廃村があります。お好きな方はどうぞ。

熊野川電源開発計画による坂本ダムが完成すると水没するため、1964年(昭和39年)にダム建設補償で当時としては画期的な鉄筋コンクリート構造の二階建て校舎を建て移転したが、坂本ダム竣工に加えて海外からの輸入材解禁などを原因とする林業衰退が引き起こした急激な人口流出により児童・生徒がゼロの事態が続き5年後の1969年(昭和41年)に休校となる(東ノ川集落も無人集落となった)。この新校舎で学んだ児童・生徒は小中学校合わせて全部で5名だけであった。

ダム沿いに突然立派な校舎が・・・。
何気に車が変わってますo(^▽^)oこれからはこいつでいきますよー。

画像


かなりぼろぼろですね・・・いざ中へ・・・。

画像


1階は土砂で埋まっていました。

画像


とにかく落書きがすごい。

画像


時代を感じさせる落書きですね。これ自体も風化していくほどに時が過ぎているのですね。

画像


机だけが寂しく・・・。

画像


画像



画像


割れた窓より・・・。

画像




画像


トイレ。

画像


階段で2Fに上がれるようです。

画像


画像


教室に物はほとんどありません。

画像


画像



画像



画像


セルフショット。

画像


画像


画像


またね!!校舎は色んなところから侵入可能です。

画像


画像


男2人で「退廃」について考察してみましたwww

画像


次は2階へ!!

"廃校廃墟 Scene1-東の川小学校-" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村