煉瓦の遺構-旧三縄発電所-

11月16日(日)久しぶりの徳島県です。レンガ造りの発電所、旧三縄発電所を見に行ってきました。

徳島県三好市池田町大利付近 旧三縄発電所



現在の発電所より上流500m先にあります。降りる場所をちゃんと調べてなくて焦りましたが、上からじっくり観察して、入り口を見つけました。

goolemapで南側からストリートビュー。重機の後ろらへんに錆びた扉があり、降りて行けます。

画像


道伝いに降りて行くと発電所が見えました!

画像


お洒落な外観、教会みたいですねえ~。

画像


画像


中へ・・・。

画像


建物はL字型のようでしたが、半分は岩などにより崩落しています。塞がれていたトタン板も落ちていますね。

画像


画像


画像


めり込んでいます。

画像


錆びがたまりません。

画像


画像


何故か冷蔵庫?

画像


どこまで続くのだろう・・・

画像


旧三縄発電所は100年ほど前に操業開始したらしいです。

画像


綺麗な祖谷川が側を流れています。

画像


画像


竹がかなり勢力を伸ばしているようです。

画像


パーツがなんかノスタルジーを感じさせますね。

画像


左側は煉瓦の壁1枚の状態です。

画像


画像


河原へも降りてみました。

画像


画像


中世ヨーロッパの古城を思わせる造り!

画像


画像


排水用の水路でしょうか?奥まで行けそうでしたがドロドロになるのは確実なのでやめておきました。

画像


画像


画像


発電所の手前にある怪しげな建物「珍竹林」・・・
発電所を観光名所にしようとしたのでしょうか?(´・ω・`)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村