風哭く日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 東洋のマチュピチュ-旧別子銅山・東平-

<<   作成日時 : 2012/08/20 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

8月13日。なんとなんと四国の愛媛でマチュピチュを見つけましたww

愛媛県新居浜市立川町654  マイントピア別子 旧別子銅山・東平地区



別子銅山。住友によって1691年から1973年にわたって経営された銅山である。

標高750mの山中にある「東平(とうなる)」地区は、大正5年から昭和5年までの間、別子鉱山の採鉱本部が置かれ、社宅・小学校・劇場・接待館が建てられるなど、最盛期には3700人を超える人が住み、昭和43年に休止するまで町として大変な賑わいをみせていました。 山の斜面に段々畑のように社宅が建てられ、閉山と同時に人々は姿を消した。今は東平貯鉱庫跡や索道停車場跡が残り、遺跡のような姿をしている。

東洋のマチュピチュ(四国のマチュピチュ)と言われる所以である・・・。

マイントピア別子は産業基盤の礎となった別子銅山の施設跡などを利用したテーマパークです、道の駅なども併設され観光スポットにもなっています。世界遺産登録も目指しているみたいです。また、東平地区へのアクセスですが、離合が難しい山道を通行しなければならず、かなり難儀しました。ちょうどお盆の休み期間とあって交通量も大・・・運転に自信がなければ遠慮したほうがいいかも・・・。

まずは展望台より!東平貯鉱庫跡の基礎が残っています。

画像


天気はあまり良くなかったが、うまい具合にガスが出てくれましたね。おかげでマチュピチュ感が出ておりますww
晴れていれば左端には新居浜市の町並みが望めます。

画像


ここから下まで降りることができます。インクライン跡を利用した220段の階段・・・。

画像


標高が高いせいかアジサイが咲いていました。

画像


こちらは中段の広場。

画像


画像


良い感じで風化していますね・・・。

画像


画像


更に最下段へ降りることができます。下からのアングルが遺構の巨大さを感じることができます。

画像


画像


何十年もののボルトだろうか・・・?

画像


間近で見ると巨大なレンガの壁です。

画像


方々から草が生えてきて自然に還ろうとしています・・・。

画像


画像


画像


画像


画像


こんな辺鄙な場所が当時、賑わっていたなどとは到底思えませんね・・・。完全に遺跡になっています。

画像


画像


画像


・・・遺跡に・・・何か居る!?・・・TAKA氏でしたww

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おお、日本にもこんな場所があるんですね〜
行ってみたい〜!と思いつつ「四国・・」
日帰り遠征は難しそうです。
onisa
2012/08/22 10:05
onisaさんへ
さすがに三重からだと四国は遠く感じますね・・・。神戸からだと徳島、香川あたりなら余裕な範囲内です〜(^^)
良い廃墟でしたよ!!
かぷち〜の
2012/08/23 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

かぷち〜のです。兵庫県神戸市在住の37歳男性。職業は自営業。自称ヒヨッコカメラマン。NikonD800とOM-D E-M5 MarkIIを引っさげていろ〜んな所に行ってきます! 写真、カメラ好きの方、是非一緒に写真を撮りに行きませんか?いい撮影スポットなどの情報交換も出来たらいいですね!
東洋のマチュピチュ-旧別子銅山・東平- 風哭く日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる